原因を掴み早急な対処が求められる育児ノイローゼ


育児ノイローゼの対処は早急な対応が求められます。
過酷な育児に疲労を重ね、育児ノイローゼとなる方が後を絶ちません。
しかし、「育児」という要素は人類史上から営まれてきたものであり、
何故今になって育児ノイローゼという言葉が生まれてしまったのか疑問です。
実はこれには「現代ならでは」の原因があり、それにより育児ノイローゼを罹患する方が爆発的に増えてしまったのです。
ではこの育児ノイローゼ・・・どのような原因があり、どのような対処をしていけばよいのでしょうか?

Sponsored Link

・育児の辛さが長期的に続いた為

Woman sad

生まれてきた子供は、それはもう形容し難い程の可愛さがそこにあります。しかし可愛いだけではないのが育児。「育てる」事の根本的な難しさがあるのです。
その難しさを間近で体験する親・・・それが長期的に続けば育児ノイローゼとなるのも無理はありません。
よって、適度にストレスを解消する、育児の手段を「今あるもの」から劇的に変更し気持ちを入れ替える、育児支援施設を利用するなど、「現状打破」を主眼に置くと良いでしょう。

・従来のような「支援」が少ない為

Virtual.marian_dad_teaching_kid_discipline

 

この現代は核家族化が進み、両親と子供だけという家庭が増加の一途にあります。その為に育児を分散する事が出来ず、負担が割増になってしまう事により、それを原因として育児ノイローゼを罹患してしまうのです。
従来であれば、祖母や祖父が自分の代わりに子供の面倒を見てくれて、自分は少し休憩という手段も取れたのですが今ではそうも行きません。
よって、出来るだけ自分の両親や義理両親の下へ赴き良い関係を築き上げ、有事の際に支援を期待出来る環境を作っておきましょう。

・周囲との関係が希薄になった為

 

woman doing housework ironing

昔の子育ては、言わば「地域で育てる」という理念がありました。しかしこの現代、周囲との関係が希薄になりそれも期待出来ず、結局自分一人の負担となるのが原因となり育児ノイローゼになるのです。
これに関しては、自ら周囲と良い関係を作り、子育ての理念を共有する必要があります。お隣さん同士で助け合い、負担を分け合う形が取れるのが理想の対処です。

【結び】

現代の育児を否定する訳ではありません。現代は現代で良いところが、昔は昔で良いところがあるのです。
この場合、現代と昔を上手く融合させるという考えを持つ事が、育児ノイローゼの適切な対処となるのです。


関連記事

ページ上部へ戻る